きなこの生き方の模索日記

40代独身女子 会社を辞めて楽な生き方を模索していきます

私の強みって何?②・・・心の中の核になっているもの

「北海道に行きたい」という思いは、私に原動力を与えてくれました。

当時、約30年近く前になるのでスマホはもちろんなく、ガイドブックや時刻表で調べたり、電話で問い合わせしたり、我ながらよくやったと思います。アルバイトでお金を貯めたとは言え、まだ19歳だったのでそんなにお金はありません。宿をどうしようかと思い、行き当たったのが「ユースホステル」でした。1泊2食付きで3000円〜5000円くらいだったと思います。「知らない人と相部屋?」というのが引っかかりましたが、贅沢は言ってられません。宿はユースに決めました。

 

7月に富良野稚内礼文島まわりました。見渡す限りの大自然と、広い空(空がすごく近く感じました)と白く輝く雲、美しい湖、森の中から見る日の出、海に沈んでいく夕日など、感動の連続でした。

そしていよいよユースへ。緊張しながら入っていくと中から「おかえりなさ〜い」と優しい声で迎えてくれました。この優しい声で、私の緊張は一気にほぐれました。

夕食もみんなで一緒に食べるということで、やや緊張しながらテーブルに着くと、そこにも優しい空気が流れていました。旅人の方たちはほとんど一人旅なので、私にも気さくに声をかけてくれました。そして私も北海道の自然に感動していたので、自分でも信じられないくらい饒舌になりました。ユース以外でも一人でいてると地元の方たちも、優しく声をかけてくれました。北海道一人旅は、北海道の自然が素晴らしいことはもちろん、人って優しいんだということ、好きなことをやっている私は人と緊張せずに話することができること、こんなに素晴らしい自然を見ることができて、生きていてよかったと感じることができました。

 

好きなことをやっていくと、それに伴いやりたいことが湧いてくるんですね。

北海道から帰ってきた後は、「次は知床に行きたい」「電車、バスは不便だから、車の免許を取りたい」などなど。

 

「1人でも楽しく過ごせる」というのは、半分合っているけど半分は間違っていた。

1人でいてる時間は長いかもしれないけど、そこに優しい人たちが関わってくれているから、楽しく感じることができているのだと。

 

あれから30年近く経った今、北海道一人旅をするエネルギーはないですが、「北海道一人旅」をした経験は、私の「心の中の核」になっているように感じます。

北海道まで行かなくても、今見ている日の出、夕日は、同じ太陽なのだと感じ、北海道のように大自然が目の前に広がっていなくても、身近で頑張って生きている草花にも感動することができるようになりました。家族や数少ない友人の優しさを感じることができるようになりました。

 

今やりたいこととと言えば、母とも一緒に行けるくらいの旅行を密かに考えております。そのためには、母の健康も重要になってきます。

あの頃の私と少し違うとしたら、やっと家族の健康にも気を配ることができるようになったことくらいかな・・・と。

 

私の強みって何?・・・1人でも楽しく過ごせること?

私の持っている資格といえば、「介護福祉士」「介護支援専門員」しかない。

四捨五入すると50歳、、、私は何がしたいというより、何ができる?私の強みは?

考えて考えて出てきた答えが「1人でもそれなりに楽しくやってきた」かなと。

(それ以外思いつかないのが辛いところ)

 

保育園児の頃から、一人で遊んでいた。鉄棒が好きで、一人で空きもせずひたすら逆上がりをやっていた。保育所で何人かで遊ぶこともあったが、私が苦手だったのが「ままごと」。

お父さん、お母さん、お姉ちゃん、妹など、それぞれ役を与えられるだが、何を話せばいいのかさっぱりわからなかった。(ままごとというのは即興で行う高度な遊びだと思うのは、私だけでしょうか)私がなんとか考えた苦肉の策が「猫の役」をもらうこと。それでなんとかやり過ごした。

小学生の頃はクラス内でなんとなくグループに入ることができたが、学校が終わった後みんなで集まっての「遊び」が苦手だった。何を話していいのかわからないので、「何して遊ぶ〜?」と意見交換するとき、私はいつも「バドミントン」「ドッチボール」など、話さなくてもいい遊びを提案していた。(却下になることがほとんどだった)

 

中学生にもなるとみんな急に大人びて、周りのテンションについていけなくなっていった。

さらに話すことが難しくなり、クラス内では浮いた(というか沈んでいた?)状態でした。

担任の先生からは、「もっと明るくならないと!」と言われ、そう言わても明るくなれず、毎日鬱々としていました。

高校生になるとさらに周りのペースについていけなくなる。学生の頃は学校が世界の全てだったので、今思い返しても、私にとって学校という場所は相当きつかったと思います。

 

こんな状態で私は社会に出て生きていけるのか、と真剣に悩んでいました。

この頃の私の楽しみといえば「読書」。読んだ本の中で(「氷点」だったと思うのですが内容は忘れています)北海道の地平線が出てきて「私も北海道に行って地平線を見たい」という、今まで感じたことがない熱い思いがふつふつと湧いてきました。

それからアルバイトをしながらお金を貯め、「北海道一人旅」を計画しました。

 

 

ミニマリストを目指して⑧〜私が目指すミニマリストの形

仕事を手放したことで、改めて職場の方達、利用者様、その家族様方達の優しさにも気づくことができました。本当に感謝です。

 

少しずつ現れてきた「私の本当の心」は、「17歳の私」でした。

30年近く経った今でも、大勢の人付き合いが苦手、人混みが苦手、騒音が苦手などなど。

「これが私」とやっと受け入れることができました。

そんな私の「本当の心」を大切にしながら、「本当にやりたいこと」を探して行こうと思います。

 

最初の「ミニマリストを目指したきっかけ」、

高齢になり家での生活が難しくなる前に、片付けておくということでした。

かなり物は減らしましたが、ミニマリストさんに比べたらまだまだ多いと思います。

今の私にとってはまだまだ必要な物も多いからです。

ミスチルのCD,アルバムや漫画など)

 

歳を重ねるごとに、できなくなることは増えてくると思います。その都度手放していき、大切な思い出はたくさん残していきたいと思います。

家で暮らすことが難しくなる頃には、リュック1つに荷物をまとめられるくらいにして

「じゃあ施設に行くわね」と言える状態にするのが、私の理想の形です。(実際は難しいとは思いますが(笑))

そんなミニマリストを目指しながら、次の生き方も探していきます。

 

読んでくださり、ありがとうございます。

 

少しずつやりたいことも始めています。

・レタス、ひまわりを植えた。

・ブログを始めた。(次は写真を載せることが目標です)

・パンを作った。(節約になるかと思い作りましたが硬くて失敗、またチャレンジします)

・FP3級の勉強を始めた(次の仕事とは関係なく、お金の勉強をもっとやりたいと思ったので)

 

不器用で多くのことはできないので、ハードルを下げて少しずつやっていこうと思います。

 

 

 

ミニマリストを目指して⑦〜仕事を手放して気づいたこと

ケアマネージャーという仕事は、様々な制度の知識はもちろん必要ですが、何よりも必要なものは、「コミュニケーション力」だと思います。

内向的な性格である私には難しい仕事だとは思っていましたが、訪問介護介護施設で働いてきて、最終目標はケアマネージャーの仕事をやりたいと思いました。

ケアマネの仕事は、私が想像していた以上に私にとって難しい仕事で、毎日疲弊していました。同じ職場の先輩ケアマネは、私より困難ケースをたくさん担当しています。先輩ケアマネは困難なことが起こると、さらに仕事に燃えて生き生きとしているように見えました。そんな先輩ケアマネを見て、「私も経験を積めばいつか先輩のようにできる」と思って続けてきました。6年が経ち「私には無理だ」とやっと気づきました。

 

部屋の片付けをして物に対する執着が軽減したことで、本当に大切な物に気づいた。

入院して「健康」「お金」「家族や友人と過ごす時間」が大切だと気づいた。

一番大切にしないといけないのは「自分の心」だと気づいた。

 

私はこの歳まで気づかなかったんですね。周りの人達とうまくいくように立ち振る舞うことばかり考え、自分の心対しておろそかにしていました。

その結果、自分の心にたくさんの不用品が溜まり、自分の本当の心が見えなくなっていたように感じます。だから毎日疲弊していたのだと思います。

 

私の一番の汚部屋は、「自分の心」だったと思います。

今は少しずつ「自分の心」が現れてきているところです。

気づくのが遅かったと思いますが、片付けをしなかったら多分このまま気づかずやり過ごしていたの思うので、片付けをして本当によかったと思います。

 

 

 

 

ミニマリストを目指して⑥〜退院後「健康、お金、時間」のバランスを保つために

退院後にまず取り組んだのが、「健康管理」です。食事、睡眠、運動、当たり前のことを、私はおろそかにしてたと反省。野菜と果物、タンパク質を中心にバランスととれた食事を摂り、最低でも7時間は寝るようにし、毎朝お散歩(雨の日はYouTubeを見て運動)を行いました。

 

「お金の管理」については片付け効果もあり、物を買うことが減ったので、支出が格段に減りました。お金の勉強もしようと思い、「お金の大学」という本を買いました。すごく売れている本なので、ご存じの方も多いかと思います。お金のことだけではなく、生き方、考え方、お金の使い方など、ほんとに目からウロコがボロボロ落ちる内容でした。固定費の見直し、削減(格安SIMへ乗り換え、自分にとって必要ないと判断した保険の見直し、解約など)を行いました。するとさらに1ヶ月の支出がぐんと減りました。

 

「時間の管理」が私にとって一番の難題でした。退院後、溜まっている仕事を片付けようと毎日残業もしましたが(残業代は出ません)、仕事は溜まる一方でした。何もしていない時でも動悸がするようになり、「借金が溜まるとこんな精神状態になるのかなあ」と放心状態になることが多くなりました。自分が思い描くバランスの取れた状態と現実の自分とのズレが、日に日に大きくなっていきました。

いつものように出勤するため自転車を漕いでいたら、視界がだんだんぼやけてきて涙が流れてきました。「あれ、2回目の思春期?」「思秋期?」とよくわからない感情が出てきて、

「これ以上今の仕事続けることは無理だ」と私の中で言葉になって現れました。

次の仕事先も何も決まっていない状態でしたが、「今の仕事を手放そう」と思いました。

 

ミニマリストを目指して⑤〜入院、手術

婦人科系の病気で、先生から入院、手術が必要と言われました。私にとって、入院、手術は、もっと歳をとってからするもの、と勝手に思い込んでいたので、先生から言われた時は、「え?私が入院?手術?」と信じられない思いでした。

出産経験のない私は入院が初めてで不安でしたが、看護師さん達はとても優しく、大袈裟ではなく本当に天使のように感じました。

主治医、看護師さんはもちろん、麻酔科の先生、薬剤師さんも手術前に丁寧に優しく説明してくださり、「私の手術をしてもらうことで、多くの方々に協力してもらうのだな」と改めて感謝の思いが湧いてきました。

手術は全身麻酔で行われました。手術後麻酔から目が覚めた時は、なんとも言えない倦怠感がありました。手術後の夜から発熱、吐き気、嘔吐、手術後の痛みとの戦いでした。尿を出すための管と、お腹にも管が入っており(手術後の出血などを出すための管?)、腕には点滴に繋がれた状態でした。

手術後の翌日は吐き気、嘔吐はややましになりました。手術後の痛みと、体に管が入っていると、寝返りや体を起こそうとすると痛みがあり、ほぼ寝たきり状態でした。

寝たきり状態は2日間だったのですが、この2日間は永遠に続くのかと思うくらい長い2日間でした。手術する前の私は「自分で思うように動くことができない」ということがこれほど辛いこととは、想像もできませんでした。

 

寝たきりとはいえずっと眠ることができるわけではなく、むしろほぼ2日間寝られない状態でした。そんな状態でできることと言えば、「過去を振り返る」ことでした。私の場合、思い出したことのほとんどが、「過去にできなかった、やらなかった後悔」が次々思い出されました。やりたいと思っていたのにしなかったこと、謝ることができなかったこと、感謝の気持ちを伝えることができなかったことなど、たくさん後悔することがあり涙が出ました。

 

私が思い至ったのは、きっと最期に残るものは、物質的な物ではなく、「自分のやりたいこと、楽しいことができたか、大切な家族や友人と楽しい時間を過ごすことができたか」という経験、思い出だと思いました。

それらを行うために必要なもの、「健康、時間」という当たり前のことに、私はやっと気づくことができました。

そしてそれらをバランスよく保つためには、やはりお金はある程度必要ということも感じました。

「健康、時間、お金」これらを自分にとっていい状態でバランスを保って生きていくか、これが私の課題となりました。

 

 

 

 

ミニマリストを目指して④〜「本当に嫌なこと」と気づいた後にとった行動

もともと人と接すると心身共に緊張し、疲れてしまう性格でした。

高校2年生で学校に行けなくなり中退、その後は通信制の高校に行かせてもらいました。

この頃の私は自分のことしか考えられず、自分だけが辛い思いをしていると思っていました。両親にはもっと辛い思いをさせてしまったと気づいたのは、10年以上経ってからです。

通信制の高校を卒業し、社会に出て働かなくてはいけなくなり「このままではいけない」と、人付き合いがうまい人の真似をして、なんとかやり過ごしてきました。

「働く」、という事は喜びを感じることもできましたが、やはり心身共に疲弊していました。

20代、30代があっという間に過ぎ、気づけば40代。

さすがに「きっと生涯ひとりだろう」と実感しました。

次に襲ってきた不安は、「お金」です。

「一生働かなければいけない」という思いがあり、「仕事を辞める」という選択肢はこの時はまだありませんでした。

片付けて気づいた心の叫びと折り合いをつける方法を、自分なりに考えました。

「40代はまだ体力がある。今のうちにしっかり働いて副業もして、お金をしっかり貯めてから、仕事をやめよう。」と思いました。

 

今考えると日々の仕事で疲弊しているのに、そんな私に副業もやるなんてハードルが高すぎました。もちろん副業は全然できなかったです。

 

そうこうしているうちに1年が過ぎ、次は私の体が悲鳴を上げました。