きなこの生き方の模索日記

40代独身女子 会社を辞めて楽な生き方を模索していきます

フリマアプリに出品 私にとってのお仕事

・不要な本をフリマアプリ「ラクマ」に出品

4冊の歴史マンガを1000円で出品。

なかなか売れない、、、。

どんどん値下げして、800円、700円にするが、売れない、、、。

500円にする。それでも売れない、、、。

 

・忘れた頃にラクマから、「購入され入金されました」と連絡あり。

慌てて購入者さんと連絡取り合う。

マンガの表紙にアルコール消毒、ビニールに包んで梱包するが。

事前にちゃんとサイズを測っていなかった!

送ろうと思っていたサイズに入らない!

もう一つ上にサイズをあげ梱包するが、高さがギリギリ。

郵便局で配送できるか確認し、「大丈夫ですよ」と言われほっとする。

・商品代金          ¥500

・販売手数料          ¥33

・かんたんラクマパック利用料 ¥380

ということで、受け取り代金   ¥87 とほほ、、、。

 

・ちゃんとお勉強しておこう「メルカリ教室」オンラインで参加

今まで何度かラクマに出品したことはありましたが、順調に売れていました。

今回なかなか売れなかったので、どんどん値段を下げてしまい、しかもちゃんとサイズを測っておらず、配送方法の値段も調べてなかった、、、。

完全に自分が悪い。

ZoomかYouTubeか選べる。YouTubeの方を申し込む。

時間は90分。

・出品する商品の写真の撮り方

・分かりやすい商品名の出し方

・具体的かつ簡潔に商品説明をする

・傷や汚れ、付属品の有無の説明

・配送方法、サイズを測り、配送料金と価格を考える

・商品の相場を検索してみる

・壊れないように、丁寧にビニールなどに包んで梱包する

・出品する時間帯は、平日夜22時頃が良い

なるほど〜。私はフリマアプリを甘く考えていた。

 

・フリマアプリで出品するということは、「自分のお店を出す」ということなんですね

他の方の出品されているものを見ると、写真の撮り方がおしゃれだし、

商品説明も上手ですね!

例えば服だと、きれいな若い女性が実際に着ている写真を載せたり、組み合わせ例を提案したり、調理器具だと具体的な使用例を説明をされていますね。

次からもっと工夫して出品します。

「不用品を売る」という考えだけをしていた私は間違っていました。

これも大事なお仕事だと教えられました。